全メモ一覧

地名
 ■ 恩田の範囲
 ■ 恩田の地名
 ■ 餓鬼塚という地名
 ■ 恩田の中の地域名
 ■ 恩田の「恩」の謎

道路
 ■ 大山街道(矢倉沢往還)の道筋
 ■ 恩田川の橋
 ■ 奈良川の橋 その1
 ■ 奈良川の橋 その2
 ■ しらとり川の橋
 ■ その他の橋
 ■ 恩田の道路
 ■ 恩田を通る都市計画道路
 ■ 川崎町田線(恩田地区)
 ■ 恩田元石川線
 ■ 恩田線
 ■ 堀の内(恩田町)の円形交差点
 ■ 恩田奈良橋

鉄道
 ■ 恩田の鉄道
 ■ 田奈部隊引込線
 ■ 井戸久保(恩田町)の田奈部隊引込線停車場跡
 ■ 南(奈良町)の水飲ませ場跡

河川
 ■ 恩田川の橋
 ■ 奈良川の橋 その1
 ■ 奈良川の橋 その2
 ■ しらとり川の橋
 ■ その他の橋
 ■ 恩田の河川
 ■ 待堰堀
 ■ 上和田堰堀
 ■ 蝉谷堀
 ■ 白山谷堀
 ■ 雨堤堀 その1
 ■ 雨堤堀 その2
 ■ 三ツ田谷堀
 ■ 小山堰の記念碑
 ■ 新林堰の記念碑
 ■ 北門堰
 ■ 恩田奈良橋
 ■ 鍛治谷堀

神社
 ■ 恩田の神社
 ■ 神鳥前川神社
 ■ 上恩田杉山神社
 ■ 中恩田の神明社
 ■ 子野辺神社
 ■ 下恩田の神明社
 ■ 古峯神社
 ■ 内田(恩田町)の天王社・三皇社
 ■ 白山神社
 ■ 薬師堂の近くにあった神社探し
 ■ 熊野神社
 ■ 八坂神社(天王社)

寺院
 ■ 恩田の寺院
 ■ 徳恩寺
 ■ 萬福寺
 ■ 薬師堂(医王寺)
 ■ 福昌寺
 ■ 寿光院
 ■ 椎ノ木地蔵尊
 ■ 十王堂
 ■ 南福寺
 ■ 萬年寺
 ■ 寺号円
 ■ 禅念寺
 ■ 東光寺

富士塚
 ■ 恩田の富士塚
 ■ 下恩田の富士塚の場所
 ■ 上恩田の富士塚の場所
 ■ 恩田の周りの富士塚
 ■ 六角富士はどっち?
 ■ 上恩田の富士塚
 ■ 下恩田の富士塚

石碑石仏
 ■ 恩田の石碑・石仏
 ■ 樋之口(恩田町)の地神塔・馬頭観音・道祖神
 ■ 餓鬼塚(恩田町)の庚申塔・道祖神・馬頭観音
 ■ 石塔坂(田奈町)の供養塔
 ■ 川戸(しらとり台)の地神塔・二十三夜塔
 ■ 下台(しらとり台)の道祖神
 ■ 内田(恩田町)の道祖神・庚申塔
 ■ 苗万坂(恩田町)の庚申塔・馬頭観音・道祖神
 ■ 庚申谷(恩田町)の庚申塔群
 ■ 井戸久保(恩田町)の地神塔
 ■ 井戸久保(恩田町)の道祖神
 ■ 徳恩寺の宝篋印塔
 ■ 薬師堂の石仏群
 ■ 萬福寺の宝篋印塔
 ■ 萬福寺の六地蔵・地神塔・庚申塔
 ■ 寿光院の五輪塔
 ■ 椎ノ木地蔵の石仏群
 ■ 椎ノ木地蔵の庚申塔
 ■ 石塔坂(田奈町)の宝篋印塔・五輪塔
 ■ 大谷戸(田奈町)の庚申塔・馬頭観音
 ■ 堀の内(恩田町)の地神塔
 ■ 三皇社の庚申塔
 ■ 長谷(松風台)の石仏群
 ■ 内田(恩田町)の石仏
 ■ 内田(恩田町)の千手観音
 ■ 鍛治谷(恩田町)の庚申塔・馬頭観音・板碑
 ■ 内田(恩田町)の石仏群
 ■ 椛ヶ谷(恩田町)の石祠
 ■ 山ヶ谷(恩田町)の石仏
 ■ 禅念寺(恩田町)の板碑
 ■ 小山堰の記念碑
 ■ 新林堰の記念碑
 ■ 片町(長津田一丁目)の石仏群
 ■ 吹上(成瀬五丁目)の石仏群
 ■ 南(すみよし台)の庚申塔

遺跡
 ■ 恩田の遺跡

田奈部隊
 ■ 田奈部隊と恩田
 ■ 田奈部隊引込線
 ■ 井戸久保(恩田町)の田奈部隊引込線停車場跡
 ■ 南(奈良町)の水飲ませ場跡
 ■ 恩田倉庫
 ■ 南寮
 ■ 中寮・北寮・兵器学校

全国の恩田
 ■ 埼玉県の恩田に行ってみました
 ■ 山口県の恩田に行ってきました
 ■ 愛知県犬山市の恩田に行ってきました
 ■ 愛知県刈谷市と知立市の恩田に行ってきました
 ■ 全国の恩田
 ■ 群馬県沼田市の恩田に行ってきました
 ■ 長野県阿智村の恩田に行ってきました

雑記
 ■ はじめに
 ■ 航空写真で見る宅地開発
 ■ 方位の読み方
 ■ 二子村の石職人と恩田村
 ■ 青葉台二丁目の消えた道
 ■ ご無沙汰してます。
 ■ 宅地のつくりかた
 ■ 死馬捨場
 ■ 禅寺丸柿
 ■ 東急多摩田園都市まちづくり館
 ■ 地図の精度向上
 ■ 2016年恩田の春
 ■ 恩田エリアでポケモンGO
 ■ 恩田の夜景
 ■ 薬師堂の陰祭り
 ■ ご無沙汰してます。
 ■ 恩田エリアの世帯分布

歴史資料
 ■ 字地書上 恩田村
 ■ 皇国地誌 恩田村
 ■ 地番反別地目入図 田奈村
 ■ 西暦と和暦
 ■ 恩田村裁許絵図
 ■ 新編武蔵風土記稿 恩田村
 ■ 村明細帳 明治3年 恩田村
 ■ 恩田の年表
 ■ 恩田の郷土資料まとめ
 ■ 田奈の郷土誌
 ■ 田奈の郷土誌 続
 ■ 都筑の丘に拾ふ
 ■ 都筑の丘に拾ふ 続
 ■ 旧土地台帳付属地図 恩田村
 ■ 置き忘られた郷土史
 ■ 元号と時代区分