禅念寺

江戸時代よりも昔のいつの頃か、恩田には禅念寺(ぜんねんじ)というお寺がありました。しかし文献や資料に乏しく、それがいつ頃恩田のどこにあったのかははっきり分かっていません。


新編武蔵風土記稿には、次のように記されています。

萬年寺と唱ふるは、村の南の方にあり、禅念寺と云は西北の方にありて(※)、今は何も字にのみ残れり
萬年寺と禅念寺の位置関係が逆転していて、誤植と思われる


ここに「字にのみ残れり」と書かれているとおり、恩田には「ぜんねんじ」と読む地名があります。「ぜん」の字が置き変わって「善念寺」と書きます。


字地書上には、次のように記されています。

善念寺(ぜんねんじ) 旧名
酉戌の方にあり 西方民居圃地にして字山ケ谷接し 北方山林を負ひて苗万坂を界す 東方登戸道を隔て字西の谷隣す 南方田地にして恩田川を界す 改正の際旧小名善念寺前 和海道(わかいどう)を合併す


昭和5年に発行された地番反別地目入図には、字(あざ)として善念寺前という地名が記されています。



出典: 都筑郡恩田村 地番反別地目入図 字善念寺前


この地名は昭和14年(1939年)まで正式に使われていました。


これらの情報から禅念寺があった場所を比定してみます。ポイントは善念寺前という地名の「前」の解釈です。

善念寺前の東側に、同じく「前」が付いた十王堂前という地名があります。そして、それに接して十王堂の跡地があります。その位置関係は、山側を背にして十王堂の場所に立ったときの正面に広がる水田が十王堂前、というふうになります。



この位置関係をすぐ隣の善念寺前に仮に当てはめ、山側を背にして禅念寺の場所に立ったときの正面に善念寺前の水田が来るように禅念寺の位置を定めると、禅念寺は、下の図でマルで囲った辺りではないかということになります。



これを踏まえて古い空中写真を見てみます。



出典: 国土地理院 地図・空中写真閲覧サービス 空中写真 USA-M388-24(加筆)


これは昭和20年頃(1945年頃)の空中写真ですが、地形そのものは享保5年(1720年)に描かれた裁許絵図と変わっていません。大規模な地形変更が困難だった江戸時代以前も、これとさほど変わっていないと思います。

善念寺前という地名の範囲を緑色で重ね、さきほどの位置関係を書き込んでみました。

ちょうど十王堂と十王堂前の関係になっていると思います。また、江戸時代に既にあった用水路の待堰堀に注目すると、十王堂前で十王堂の跡地を避けるように屈曲していて、善念寺前のところでも同様に屈曲する形になるという類似点もあります。元々この場所に禅念寺の境内があったために、それを避けて待堰堀が掘られたのかもしれません。

以上のことから、恩田メモでは禅念寺の位置をこの場所に比定します。



現在のJA田奈の敷地の北側半分と、JA田奈に接するこどもの国通りの道路用地上です。



JA田奈の駐車場のうち、下の写真に写っている範囲が、元々待堰堀よりも北側にあった部分です。禅念寺はここにあったのかもしれません。



横浜市立田奈小学校とJA田奈に挟まれたこどもの国通りも、境内の一部だったかもしれません。



もしこの比定が厳密には誤りだとしても、善念寺前という地名の周囲にかつて禅念寺があったことは間違いないでしょう。とにかく、この辺りのどこかにあったのです。

この辺りで出土した板碑2枚が禅念寺の遺物ではないかと言われていて、郷土資料として田奈小学校に保存されています。

もしそれが事実なら、うち1枚には応安2年(1369年)の銘があるので、善念寺は室町時代(南北朝時代)に存続していたお寺であると推測できます。

このメモをシェアする

       

このメモにコメントを書く

コメントは筆者だけに送信されます。