東光寺

昔、恩田の上和田から恩田川を隔てた対岸の長津田村と成瀬村の堺に、東光寺(とうこうじ)という寺があったと言われています。しかしそれがどこにあったかは分かっておらず、長津田と成瀬の地名に残るのみです。恩田の萬年寺善念寺のような古の廃寺です。

恩田とは直接関連が無いかもしれませんが、以前書いた吹上の石仏群というメモの余談として、その謎を少し探ってみたいと思います。


まずはいつもの新編武蔵風土記稿。東光寺については長津田村と成瀬村の項に次のように記されています。

長津田村
小名 東光寺
西南の隅隣村成瀬村へまたがりし小名なり。今寺院の舊蹟もなけれど此名によればむかし東光寺と云寺ありしなるべし。

成瀬村
小名 東光寺
南の方なり。隣村都筑郡長津田村にもこの小名あり。古二村へまたがりて寺のありしならん。今は小名にのみ存して寺跡と覚しき所もなし。近郷三澤村に東光寺と云寺あり。これらの寺もしくはこの所にありしか去と寺□にも其説なし。

このようにどちらの村にも東光寺という地名があり、寺の存在についても同様に言及されています。しかしここで要注意なのは、長津田村の「寺ありしなるべし」と成瀬村「寺のありしならん」は、現代語にすればどちらも「寺があったのだろう」という推量の文句であることです。しかも恩田萬年寺の梵鐘や恩田善念寺の板碑のようなそれらしい遺物もありません。よって実は本当に寺があったのかどうか、この文献が書かれた江戸時代の時点ですでに分からなかったというのが事実だと思います。

とは言えはっきりと地名に残っているわけですから、きっと江戸時代よりも昔の鎌倉時代や室町時代にはこの地名のどこかに東光寺が実在したのでしょう。ということにして話を進めます。



恩田町の上和田から恩田川に架かる柳橋を渡ると長津田町の柳下という地域に入ります。



ここにある団地は東向地団地といいます。



元々あった東光寺という地名は、長津田側では同じ読みをする「東向寺」あるいは「東向地」という地名に置き換わって受け継がれてきました。団地の名前は古の東光寺の名残という訳です。

団地を南へ通り過ぎると東西に走る道路に突き当たります。鎌倉街道の枝道で、この道に沿って村を跨ぐ東光寺の大集落がありました。

ここから長津田方面に300mほど進んだところに宝暦2年(1752年)の庚申塔があります。



その側面には東光寺村の文字が見えます。



▲長津田村東光寺の庚申塔 「東」の文字が一部欠けているが「東光寺村」の文字


ここが長津田村東光寺集落であったことが分かります。

来た道を戻って、こんどは先ほどの突き当たりを成瀬方面に進みます。



▲東光寺集落の道(長津田側)


車がすれ違えないぐらいの狭い道を進んでいくと、都県境(=長津田と成瀬の堺)を経て、吹上の石仏群に登場した崖山のところに出ます。



▲東光寺集落の道(成瀬側) 写真左側の森が崖山


そこから更に200mほど道なりに進んだところに成瀬クリーンセンター(下水処理施設)の門があり、その向かいに地蔵坂と呼ばれる坂道があります。



坂の入口にはたくさんの石仏が置かれています。



これらの石仏にも東光寺村という地名が刻まれています。古いものは享保8年(1723年)の銘があります。



ここは成瀬村東光寺集落の西端にあたるところで、地蔵坂は集落がある丘の上と下への分かれ道です。

この坂を上っていくと平坦な台地になります。



かつてなずな(ぺんぺん草)がよく生えていたこの台地では土器の欠片がよく出土したそうです。地元の人々はそれを瓦の破片と勘違いし「なすな長者の屋敷跡」と呼びました。1970年代に発掘調査を行ったところ縄文時代から平安時代までの大規模な遺跡が見つかり、「なすな原遺跡」と名付けられました。



▲なすな原遺跡の一部


この発掘調査で寺の遺構が見つかっていたら東光寺の場所が判明したところですが、大量の土器が発掘された一方で寺に関連するものは出なかったようです。



▲なすな原遺跡の出土品 町田市考古資料室所蔵


台地に沿って東急の長津田検車区(車両基地)があります。



▲長津田検車区 この敷地もなすな原遺跡の一部


長津田検車区を跨ぐ長い歩道橋の先にJR横浜線の踏切があります。



ここは東光寺集落から南へ続く道があった場所で、集落の南の玄関口にあたります。



それに因んでこの踏切は「東光寺踏切」といいます。


さて、結局東光寺はどこにあったのでしょうか。

古い航空写真で周辺の地形を見てみます。古いと言っても昭和初期の土地利用なので東光寺があった時代とは土地利用は異なるかもしれませんが、地形はそれほど変わらないはずです。



▲東光寺集落の全体像
出典:国土地理院 地図・空中写真閲覧サービス 空中写真 USA-M388-26


中央の青い線は旧長津田村と旧成瀬村の境界です。ここを中心に東西に広がる大きな集落が形成されていて、集落の北側には水田、南側の高台には畑地があり、中央を谷が縦断していることが分かります。

水田が広がる北側や中央の谷は寺を建てるに適地とは言えません。また南側高台の畑地はなずな原遺跡が見つかった場所で、発掘調査の結果からここにも寺は無かったと言えます。

次に、同じ地名がふたつの村に連なって存在した理由を考えてみます。小名のような狭い地域の地名は、そこにある物・人物・地形・地勢などを表す例が数多くあります。その例に当てはめれば東光寺と言ったらそこに東光寺があるということです。長津田村東光寺の人々も成瀬村東光寺の人々も、お互いに自分たちの集落に東光寺があると認識していたのではないでしょうか。つまり東光寺は村の境界にあったという推論です。

これらを合わせると、東光寺があった場所は崖山周辺の水田に面した平地や街道沿いの緩傾斜地ではないかということになります。



ここで撞いた鐘の音は恩田川を越えて対岸の恩田村にもよく響いたことでしょう。時計が無い時代、寺の鐘には人々に時刻を知らせる大切な役割がありました。恩田村の人々も意外と東光寺のお世話になっていたかもしれません。

このメモをシェアする

       

このメモにコメントを書く

コメントは筆者だけに送信されます。